現役塾講師が運営する中学生と保護者を応援するブログ

現役塾講師の私が、小学生や中学生、保護者の方にとって役立つ情報を発信しています。

塾選び

現役塾講師が教える良い塾講師の見分け方

更新日:

どうもがる先生です。

今回は良い塾講師と悪い塾講師の見分け方についてのお話です。
高い月謝を払っているからには良い講師に巡り合いたいですよね。

そこで良い講師と悪い講師の見極め方をお教えします!
(*あくまで私の経験談ですのでご参考程度でご覧ください)

1.学歴

やはり教えてもらうからには高い学歴の講師がいい…
と思う気持ちはよく分かります。

しかし、残念ながら学歴と指導の腕前は比例しません。

学歴が良くとも、相手の理解を超える言葉で指導しても
生徒には全く伝わりません。

学歴が良い講師の中にはこのような相手の理解を超える
教え方をする人も存在します。

ですので、学歴=良い講師という図式は
あまり過信しすぎないほうが良いでしょう。

2.言動・指導法

良い講師・悪い講師の特徴のほとんどは言動となって現れます。

講師が最も発してはならない言葉、
それは「なんでこんなこともわからないの」です。

もうこの言葉を発してしまう講師は最低です。

私は自分自身が講師として働くにおいて
相手のわからないをわかろうとする
ということを常に指導の中心にしています。

良い指導はまずは生徒への心遣いから始まるのです。

生徒が理解できるようになるには、
何がわからないのか」、「どこで躓いてしまうのか」を
講師側がしっかりと把握しておかなければなりません。

この努力をせずして「なんでわからないの」と
発してしまう講師は講師失格です。

良い講師とは、しつこくしつこく寄り添い続けることだと思います。
お金をもらいながら教えるというのはそういうことです。

理解されないからといってさじをなげるような講師は
出来る限り避けたほうが良いでしょう。

3.叱り方

良い講師とは勉強ができないという理由で叱ったりはしません。

なぜかというと、勉強ができない理由を責めても
点数に結びつかないということを理解しているからです。

点数は、講師の指導と生徒のやる気が重なった時に
ぐ~んとあがるものです。

なので勉強ができないからといって
生徒を叱ったところで成績は上がらないのです。

では良い講師はどこで叱るのか。

主に生活態度です。

遅刻や授業態度が目標点数に見合っていないときに
本気で叱ります。

勉強ができないから生徒を怒るのは「自己保身」が原因です。

理解してもらえないと、教えている側はフラストレーションが溜まります。

良い講師だとこのフラストレーションはコントロールできます。

悪い講師だとコントロールできずに生徒にぶつけてしまうのです。

生活態度の場合はそうではありません。

生徒に関心のない講師では、生活態度なんて知ったことではありません。

注意しようがしまいが、生徒の成績には関係ないと思っているのです。

先を見据えずに、その場限りの対応しかできない。

まさに悪い講師の典型です。

自分の子どもの面倒を見ている講師はどうでしょうか。

子どもを通じてでも確認してみましょう。



スポンサーリンクダブル

スポンサーリンクダブル

にほんブログ村 教育ブログへ 
応援よろしくお願いします!

-塾選び
-, , ,

Copyright© 現役塾講師が運営する中学生と保護者を応援するブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.